丸めるのは子供!粘度遊びかわりにもなる白玉団子作り



息子が粘度遊びが好きだったころ、暇すぎて困った日に作ったのが白玉団子。

ちょうどアンパンマンの放送を録画したもので「しらたまさん」が出ていたんですね。それで作ってみようかと (笑




最低限必要なものは白玉粉☆

近くのスーパーに白玉粉を買いに行くところからスタートです。

自転車こぎながら「しろ、それは白玉の〜色〜・・・」とうろ覚えの白玉さんの歌を歌いながら行くんですね。




帰ってきたら早速団子作り。
生地は私がちゃちゃっといい硬さにして、子供に丸めさせます。

丸めるときはしらたまさんではなく、Eテレ「ニャンちゅうワールド」に出てくる「おねんどおねえさん」の真似をしています。

一つずつ丸めたら「お団子の完成で〜す。うふふ」とかわいらしくセリフを決め、お姉さんになりきっています。(うちの子は男の子です)

家では机汚れたり色々後片付けが面倒なので粘度はおいていないのですが、白玉団子なら汚れた手でどっか行くことも他の遊びに移ることもないのでいいですね。




茹でてる間もガス台の前から離れないので少しひやひやしますが、自分が作ったものが気になるようです。

茹で上がった団子を氷水に落とす作業もしてもらいました。

縁日でスーパーボールすくいをしたことがあるのですが、それを思い出したようです。

遊び感覚で一緒に作れるおやつとしてはなかなかいいのではないでしょうか。

ひとつひとつの作業がほんの少し難しいらしく、本人はちょっと考えながらやっているようです。

他のママにもお勧めしたい一品ですね。
結構時間もかかりましたので、いい暇つぶしでもあります。




我が家での食べ方は、きなこをまぶして食べます。
きなこは完全に私の好みなんですが、息子は微妙そうでした。

次回はフルーツポンチかアンコでも添えてあげたほうがいいのかしら?



ページのトップへ戻る