牛乳嫌いの子でも食べられる!超簡単ミルクプリン



うちの息子は牛乳が嫌いです。
同じ月齢の子よりも背が高く、がっちり体系なのに「牛乳飲まないんだ〜」というとみんなびっくりします。

うちの夫は牛乳が好きで、夜に牛乳を飲むのですが、飲み会続きだったり気分的に飲みたくないようなときはほとんど飲みません。

ちなみに私は嫌いではないけど好んでは飲みません。

こんな我が家、時々牛乳が大量に余ってしまいます。
バターと小麦粉と牛乳でホワイトソース作ることもあるんですが、牛乳嫌いの息子はホワイトシチューやグラタンもあまり好きではありません。

暑い中作っても食べてくれないことが多いのですよね。
そこで、余った牛乳を消費するために作ったのがミルクプリンです。



牛乳をゼラチンで固めるだけ!簡単ミルクプリン

材料は牛乳、砂糖、ゼラチン、バニラエッセンス。

そう、甘くした牛乳をゼラチンで固めるだけなのです。
牛乳は一度温めるのが面倒なのですが、消費期限が迫ってきたころにまとめて作ります。




最初はミルクプリン単体でおやつにしていたのですが、最近は少し甘さ控えめにしたミルクプリンにジャムをのせてあげています。

フルーツがあれば少し飾ってあげると、豪華な感じになるんです。

冷凍のミックスベリーがあったときは牛乳を温めるときに一緒に加熱すると牛乳臭さがなくなり、牛乳嫌いな子供もペロッと平らげてしまいました。

アレンジがしやすいですし、何もなければそのままでもおいしく食べれます。




牛乳をそのまま飲んでくれたら一番楽なんですが、何とかミルクプリンで牛乳に慣れさせ、小学校入るまでには牛乳を飲めるようにしておきたいですね。




ページのトップへ戻る