混ぜて固めるだけの水ようかん トッピングでお洒落に♪



夏の和ようかん、水ようかん。
ひんやりつるっとおいしいですね。

和菓子ってなんだか難しそうで手間がかかりそうなイメージなんですが、実は水ようかんって、家で作れるんです。




誰でも作れるくらい簡単!水ようかんの作り方

材料は粉寒天、水、こしあん、塩少々。
ミルクプリン並みに簡単です。

温めて溶かした粉寒天水にこしあんと塩を入れるだけ。あとは冷やせばOK。



製氷機で作れば一口サイズのものができるし、ガラスの小さめのコップで作ると見た目が涼し気。

そのままあっさり食べるのも良し、栗の甘露煮を中に入れても良し。ちょこっとクリームを飾ってもかわいくなります。

あんこやお汁粉が苦手だったらだめだけど、うちの子はあんこも大好き。ぜんざいやお汁粉も大好きです。

なので水ようかんも一口食べて目の色が変わりました(笑)




朝作っておけばおやつの時間に帰宅して冷たい水ようかんが食べれます。

これは子供と一緒に作るまでもなく簡単にできてしまうのですが、というか火にかけながら混ぜるので子供にはさせられないんですよね。

敢えて手伝ってもらうとしたら器に入れるか、栗の甘露煮を入れるところくらいですね。

どうしても手伝いやがったら、袋に少し残っているこしあんをこそいで味見させます。




この味見という名の手伝い、夕食作りの時にも使うのですが、一口で満足してくれないときもありますが、一瞬静かにさせるには効果的です。

うちは3口くらいあげれば何とか満足してくれて、しかも手伝った気になるみたいなんですよね(笑)

後は邪魔することなく機嫌よく遊んでくれています。男の子の頭の中は単純です☆





ページのトップへ戻る