視力って回復するものみたい

パソコンばっかりしてるからか、私は目がとても悪いです。

といっても、パソコンをそれほどしていなかった頃から目が悪かったので、パソコンのせいでないかもしれません。

で、目が悪いから本を読んだりパソコンに向かうときには度の入ったメガネをかけているのですが、最近近くのものならメガネをかけなくてもはっきりと見えるようになるくらい視力が回復しました。



一体何をしたの?レーシック?なんて思われるかもしれませんが、そんな大げさなものではなく、3D立体視というものを利用して、目のエクササイズを毎日行ったのです。

3D立体視がどういうものかわからない方、また実際にやったことがない方にはわかりにくいと思うのですが、要は3D立体視で3D画像を見ることで、目の筋肉を鍛えて近視を改善できるというものです。

別に不思議なものでもないですし、怪しいものでもなく、単純に目の筋肉を鍛えるだけ。

まぁ、3D画像を見るのが結構難しく、そこにたどり着くまでに結構時間がかかったのですが、見れるようになればそれを毎日繰り返すだけですから簡単。



3D立体視による視力回復についてはソフトや本などがたくさん出ていますので、興味をお持ちの方は探してみてください。

私の場合、視力が回復したと言ってもものすごく目が良くなったというわけではないのですが、疲れると近くでも見えなくなっていた文字がくっきりと見えるくらいにはなりました。

それだけ、目の筋肉を日ごろから動かしていなかったのだなあと…。

やり方によっては老眼の予防にもなるそうですから、今後も続けようと思います。




 

ページトップに戻る